最新技術からトレンド情報、そして本質な話まで目から鱗が落ちた(東京編)

Photo & Movie Blog Vol.120

【トップ写真】
渋谷ヒカリエからパシャり。

 

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしています。

 

今回は前回の続きで、

映像プラットホーム「VooK」主催による
「VIDEOGRAPHERS TOKYO」: 以下VGT

を振り返りながら書いています。

 

2日間に渡り開催されたVGT初日で最初に向かった
ステージでは、

3つのメインステージからなるプログラムとスピーカー達↓
プログラム

 

何もない空間を撮影して、そこにどうやって
3D編集ソフト cinema 4Dなどを使いCGを合成していくなど

 

キーワード 「 ボリューメトリックス 」

 

の技術について垣間みることができたり

3D編集については現在進行形のお仕事で
取り組んでいたので、その先を見ることができて

しょっぱなからタメになる時間でした。

 

(僕らがやっているのはまだ3DCADを動かすお仕事ですw)

ボリューメトリックスについては参考動画があったので
ご興味あればこちらをご覧にあるとわかりやすいです↓

 

このテーマでのスピーカーの「田向潤さん」作例はこちら↓

きゃりーぱみゅぱみゅさんのMV (3G合成)
1.8億回も再生されてる化け物動画(笑)

chelmicoさんのMV (ボリューメトリックス)

 

この2本、田向さんの初期作品らしく、たまたま事務所PCに入ってた
cinema4Dをイジり始めたのをきっかけに、その後独立して

ほぼ一人で編集したっていうのだから驚きでした(汗)

ウチも自社スタジオにグリーンバックセットを組みたいなーと
目指してますが、CG作品を作っていけたら

これからの時代に活きるだろうな〜なんて
ひとつ挑戦してみたいこと明確化になりました。

 

お次は、TikTokYoutubeショートについての
テーマで語るステージへ。

昨年からTikTok × 東宝で縦型動画の映画祭やっているの
皆さん知ってました??

 

そんなことすら知らず、Youtubeのバンパー広告(6秒CM)
やはり企業広報をしていると需要として求められるので

何かいい情報はないかと、スピーカーは

330万フォロワーを誇る 「あああつし」さんや
2021年TikTok映画祭のグランプリ「吉川啓太」さんと

6秒企画の吉田真さんの対談に他のステージを
ウロウロした結果、滑り込みました。

 

吉田さんの印象深いキーワードとしては

 

「動画を全てチームでめちゃめちゃな本数を分析して言語化している」
「その上で型があるので、まずはロジカルに作っていく」
「日テレの次にYoutubeは今やTVモニターで観られている」
「YoutubeとTikTokは広告メディアとしてまだ発展途上」

 

などなどの興味深いお話から
あああつしさんは、

 

「僕の動画は平均22秒で制作してることが多い」
「制限がある中で撮影アイディアが生まれていく」
「観てもらうための工夫をめちゃめちゃしている」
「共感性はトレンドに合わせ、それ以外でオリジナリティを出す」
「ループするので、起承転結をあえて変える」

 

などなど、

KPI (最重要プロセスの数値化)をしっかり管理することや、
今の画角のトレンドまで分析していて、

そりゃ、フォロワー330万人いくわ!!!!
っと感心しました。(笑)

ちなみに今の画角のトレンドはバストアップだそうです(笑)

 

あとは、UGC(ユーザージェネレイテッド・コンテンツ)
みたいなワードも出て [ ??? ] でしたが今、インプットしていますw

アナリティクスの見方なんかも聞けて目から鱗のステージでした。

 

吉川啓太さんは、そんな二人に圧倒されてかあまりしゃべらなくも
とても穏やかな雰囲気で、優しい映画を作ってそうだな〜っという印象。

多くを語らずも素敵な若手クリエイターなのが滲み出てました。

 

初日最後のステージでは、

東北新社代表取締役であり、日本のCMディレクターであり、
映画監督でもある「中島信也」さんのステージへ。

ぶっちゃけ、ここが一番落ち着いた(笑)
中島さんは、おちゃめでおもろいことが好きな性格な方で

子曰く
「ディレクターよ、大志を抱け」
「ディレクターは転機に敏感であれ」
「人間力を高めよ。クリエイターとして生涯走り続けるために」

など、3つのテーマでお話を聞かせて頂き

どうのように今まで第一線で打席にたってこられたか。

チームは作りはどうやってきたか。

冬ソナ(古いけどw)を観てご自身の演出表現の価値観が変わった
などのお話をしてくださり (下記CMあり)

僕にとっては最新技術とか時代のトレンドももちろん重要ですが
本質的なお話をされていたことが

この日一番胸に届き

「あぁ、今気がついているこの想いや感性のまま進めばいいんだな」

っと、ある種の答え合わせができ、確信に変わったステージでした。

 

映像以外のお話では、デザイナーの細谷巖さんいわく

「デザインとは思いやり」だと言ってたなどなど

トリビアなワードが多々ありましたよ。

 

中島信也さんの作られたCMはこちら↓
誰もが一度は見てるし、懐かしいCM(笑)

またはお話にでてきたCMでは

伊右衛門の2004-3月のころ↓

伊右衛門2005-2月ごろ↓

ご本人いわく、あの当時社会現象クラスになった冬ソナを
見て、演出価値観が変わり、2005の伊右衛門の演出あたりから

変えていかれたそうです。

もし興味があればYoutubeで、中島信也CM集と検索かければ
その他、色々とTVでよく見てきた作品がでますよ^。^

 

とまぁ、こーんな感じで初日からたくさん学び
吸収したのでこうしてブログに書きながら

みなさんにシェアするとともに
振り返りながら得た知識をどうやって知恵にして行動するか。

模索して始めています。

 

初日で濃い時間だったのに、
個人的に2日目は初日以上に濃ゆくなり

次回、VGT2日目の振り返りに続きます。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.6.16  (木)  山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索
良ければフォローお願いしま~す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆
メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま~す!!

TVCM制作の裏側をちょこっとだけ書いてみます。

Photo & Movie Blog Vol.116

 

【トップ写真 : 監督になりやら真剣に話す僕w】

 

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしています。

 

さてさて、前回から書いてます宮島観光誘致TVCM

今回はTVCM制作において企画の成り立ちから
そのうえでやっている業務内容なんかを書いてみようと思います。

まずは企画案から〜

 

【コンセプト】

従来の宮島のブランディングではなく、
「今の宮島の魅力」を発信して新規来客を増やす。

【ターゲット】

広島県内はまた近辺の県に住む20代~30代の若年層

【ロゴ : #あさひよ宮島】

朝(あひ)昼(ひる)夜(よる)を省略した造語。
宮島の1日を通して良さを伝えることを想定したロゴ
(まだ非公開なのかな..)

ロゴに「#」がついているのは、これからSNSを通じて
CM放送後も引き続き検索と紐づけていくプランニングのため

【CM・STORY】

コロナ禍によって延期なっていた卒業旅行。

大学同期の友達グループが社会人なった後に
計画した3人の宮島旅行。

少し社会を知った3人の若者が宮島で遊び
楽しみながら、時に社会という新境地に悩みながら、、

「朝・昼・夜」の宮島の良さを旅しながら伝えるお話。

と、まぁ企画構成案はこんな感じで監督サイドで決まり
iDSとしてはキャスト手配から制作進行・撮影の分野を担当

 

キャストはいつも同じみの売れっ子ヘアメイクリスト
わたしと羊の金子みすずちゃんに相談。

キャスト手配からヘアメイクから衣装の相談まで
まるっと依頼できて大助かり!!

おかげでiDSとしては制作進行と撮影に集中できました。

 

みすずちゃん
「お仕事のみすず氏、かっこよかった」

 

制作進行とは映像制作に関する段取りや手配などを
全般に行い、今回でいうところの

 

・撮影協力店舗への許可&アポ取りと連絡事項の共有
・撮影の香盤表(スケジュール)の作成
・ホテル探し (キャストの支度する場所も含めて)
・関係者の全体MTGの日程の調整 etc
・撮影当日の段取り (食事などの手配)←今回はやってない

 

ホント、TVCM制作ってひとつのことを成し遂げるのに
どれだけの業務があるのか。。

大きい現場になると制作部という担当チームがあるくらい。

 

皆さんもCM撮影・ドラマや映画のロケに出くわしたことがある方は
なんでこんなに人数いるの?思うことがあったかもしれません。

規模が大きくなるとそりゃ大勢の人がいるのがわかりますね〜。

 

ただ、今回は厳島神社大聖院、JR宮島フェリーの撮影許可取りは
宮島観光協会さんに甘えたので全然軽い方でした(笑)

何かをご依頼する時に、どこの誰からお願いが伝わるかで
もう天と地ほど違うのが世の常 (笑)

そういった面では宮島観光協会さんの担当者さんは
宮島全域でコミュニケーションを非常に
よく取られていて話がスムーズ。

 

やっぱり日頃からの人間関係を良好にしているんだな〜っと
側からみていてもわかるほどで、見習うお姿でした。

 

制作部としての業務も進めながらも本業の撮影部としても
頑張ってましたよ〜〜〜!!!

 

・企画を把握してロケハン (下見)
・カット割りのMTG & 監督とカメラワークの擦り合わせ
・撮影・音声機材の準備 (本来は音声さんが欲しいところw)
・キャストへお芝居を伝える (本来は助監督がメインでやるw)

 

を主に業務としてはやっていきました。
まぁ、準備もですが撮影部はなんだかんだと撮影当日が一番大変です(汗)

 

りかさん
「音声担当でもなんでもないのにしてくれた優しいRさんw」

 

と、まぁこんな感じのことをしてきました!!
細かなところは割愛していますが、改めて書き出してみると

結構なボリュームの業務をこなしているな〜っと
わたしくごとながら若干驚愕でした(笑)

大変そうだね〜って思われるかもしれませんが、
僕にとっては好きなことで苦労は苦労ではなく

映像制作にはそんな苦労や大変さを乗り越えれる
楽しさがあります。

 

また撮影も楽しいのですが、今度はお芝居をつけていく
助監督というポジションも体験してみたいな〜っと

新たなステージも見えた現場でした。

 

※監督のお芝居の方針のキャストに実際に伝えるのが
主な助監督の仕事 (だとおもっているw)

 

次回は、そんな現場のエピソードも少し書いてみようと思いますよ。

本日もご覧くださりありがとうございます。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.4.8 (金) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

いつもいつもこの件については本当に迷うんです。

Photo & Movie Blog Vol.115

 

【トップ写真 : 宮島のフォトスポットのひとつ】

 

こんにちは
iDS Studioの聖巴(せいは)です。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしています。

 

暖かくなった地域では桜満開の4月初旬
みなさまどうお過ごしですか?

先週末のお休みは家族でお出かけしまして、
道中に平和公園に桜を見に寄りましたが

みんな思い思いにお花見をしていて
久しぶりの、のどかな光景に心ほっこりでした。

 

桜と聖巴
「あまりの満開ぶりに一枚パシャり」

桜
「iPhoneのポートレートモードで一枚」

 

さてさて、今回はそんな穏やかな休日の前のお話。

3月末の二日間は前の記事で書いていた
宮島観光誘致のTVCM撮影でバタバタでした。

述べ2〜3ヶ月の日程で準備してきた今案件。

 

クライアント、代理店、制作サイドのみんなで
ひとつの目的に向かって

おりゃーって気合い入っていたのにも
関わらず撮影日の二日間だけ天気悪い(笑)

 

うそやん、、僕めちゃめちゃ晴れ男なのに。。

 

その二日以外は安定の晴れマーク。
実際に撮影明けの4月1日からはホカホカの陽気。。

お、おかしいよね。。と思いつつも
まぁ天候なのでね、しょうがないのですね。

 

しかし、一番困ったのはリスケするかどうかの判断。。。

この判断だけはほんと〜〜〜にいつも迷う....

1週間前くらいからマジで雨だったらどうするこうするの
お話が現実味を帯びてきて、クライアント含め大騒ぎ。。

 

もし、リスケなったらJRフェリー、厳島神社、大聖院、
商店街の撮影ご協力を頂く店舗などなど。。

製作陣も含めてかな〜りの騒ぎになるので
もうね。。最終打ち合わせの4日前から

天気の回復を願うのみでしたよ。。

 

ただ、今回のCM構成は内容はストーリー重視。

もちろん晴れが望ましいけど
それよりもキャストをどう魅せていくかが

一番のポイントということもあり

結果、初日の天候が回復傾向に少しだけ振れたので
2日目の予備日を1日だけ作り撮影を敢行!!

 

最終的に2日共に撮影はうまくいったので
万事オッケーでしたがソワソワした案件でした。

キャスト
「今回のキャスト3人!! 一人16歳でスチールにこのポーズ
若い世代と初々しい現場でした」

 

次回からそんな撮影の模様を書いてみようと思います。

本日もご覧くださりありがとうございます。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.4.6 (火) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

大好きなことで、人の心に響く感動する作品を創っていけたら幸せだな。

Photo & Movie Blog Vol.114

 

【今日の一枚 阿蘇山 大観峰より】

 

こんにちは。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしている
iDS Studio聖巴 (せいは)です。

 

春が来そうで、また少し寒戻りするの繰り返しで

なんだか季節まで落ち着かない最近ですが
みなさまどうお過ごしですか?

 

iDSでは4月がもう目の前のここ数日は
撮影準備や映像構成作成にバタバタとしています。

4月から様々な案件が動き出すその前に

今年度最後を締めくくるお仕事となるのは
明日から二日間にわたる宮島観光誘致のTVCM撮影

 

桜のシーズンで観光客も多いのでしょうかね。
撮影するには辛い時期です(笑)

 

「今回のシナリオは、コロナで卒業旅行が延期なる。
その後、社会人となり久しぶりに仲間と集まる旅先が宮島」

 

という設定。

宮島で若い仲間たちが過ごす時間をエモーショナルな
人間模様を軸に物語が構成されていて
どんな仕上がりになるのか今から楽しみ。

 

無事に撮影が終えれるように頑張ります。

 

そうそう宮島といえば、鳥居の修繕工事が
ここ3年ほど行われていましたが

なんと今年の12月くらいには再び大鳥居の
元気な姿が観れそうだと発表がありましたね〜。

それも今後がとても楽しみです。

 

そろそろ日本も感染対策を全面解除して
自由に観光できるようになって欲しいものです。

(もちろん、基本的な注意はまだ必要でしょうけど)

 

観光業の映像制作はiDSでは得意ジャンルであり
何より大好きなことなので

iDSとしても観てくださった人の心を揺さぶるような、
感動を生むような映像を作っていきたいと思います。

 

勉強に色々と動画を観てると日光市のプロモーションが
とても素敵だったのでこちらにご紹介↓

いや〜、プライベートで日光に行ってみたくなりました。

 

次回は宮島のお仕事でのことなど書いてみようかな。
本日もご覧くださりありがとうございます。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.3.29 (火) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

2年間で一変した生活があたりまえになっていくとーー。

Photo & Movie Blog Vol.110

 

【今日の一枚:自分が幸せだと隣の人も幸せ】

 

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

今日で東日本大震災から11年が経ちましたね。

あの日は原爆ドームを撮っていた日で、夕方以降
東日本が大ごとになっていたのをよく覚えています。

 

11年もの歳月が流れても、未だに完全には復興していない
福島の皆様が少しでも早く元の生活が送れるよう

心よりお祈り申し上げます。

 

原発の事故処理も未だに完了しないでいるようで
汚染水を貯めるタンクが今年の秋には満タンになるそうです。

東電と国は、できる限り汚染除去して海へ流すそうですが
果たしてそれは大丈夫なのか。。(汗)

 

戦争なんてしてないで、人類の叡智を解決にむけて
集約して
欲しいものです。

 

さてさて、大きなことを心配しても人間ひとりに
できることは、目の前を自分なりに幸せに生き抜くことのみ。

 

今週は、これから始まる撮影ラッシュに向けて
ロケハンに2本行ってきました。

2本とも観光業の案件

 

宮島の良さを若者に届けるためのTVCM

庄原観光を訴求する春夏のPRムービー

 

になるのですが
まぁ〜どっちも遠方で、さらによく歩くので疲れたっ(笑)

ですが、2本のロケハンで新しい心の気づきがありましたよ。

 

卒業シーズンの観光地。

広島はマンボウ明けになり、大勢の観光客で
賑わっている宮島が、その日はありました。

商店街から厳島神社までを明らかに10代から20代前半の
若者たち
がウキウキ、キャッキャッと観光を楽しんでいる。

 

その若者達を見て、なんだかいつもと違う感情の変化
自分に感じたのです。

「若いっていいな〜」っという40代に膝まで浸かっている
30後半のおっさんは、もはや心もおっさん(笑)

これは、基本的に感じることですが、もうひとつ。

 

10代、20代の輝きと、自ずと出ている若きエネルギーが
なんだか眩しくドキドキする。(若い女子ってわけじゃなくね)

おかしい、かつてこれほどまでに若さに対して
心が動くことがあっただろうか。。なぜだ?

 

そう思った僕は、制作チームで同行していた
監督兼編集担当のO氏と一緒にこの感情を深掘り始める。

ロケハンも終盤になり、夕日を待っている時でした..

 

深掘りしていった結果、

田舎暮らしのため、コロナ禍で大勢がいる場所に
行くことがほぼなかった。
(特に今年に入ってから)

仕事で会う関係者は同年代以上であり、社長さんとか
目上の人が多い。

通勤もそのほかの移動も基本的には車なので人に接しない

仕事で都市部にいくことはあってもドア to ドア

今まで宮島はブライダルや撮影本番だったので
観光客はただただ、進路妨害する壁だった(笑)

 

と、こんな原因があるな〜っと考えていったわけなのですが

若者達に接することがなかったどころか
この2年間は大勢が集う環境にほぼ行くことがなく

今回の宮島の観光ムードがお祭り騒ぎみたいで単純に
楽しく、ワクワクさせていたことが一番大きいと判明!!

 

それだけではなく、僕の住まいは田畑や山に囲まれた里山。

スタジオも田舎に構えているので都市部に暮らす人たちほど
コロナに関する影響は感じてなかったのですが

コロナによって生活が一変したことで
実は失われていた感情や思考があったのでないかと

今回の宮島ロケハンでふいに気がついたこと。

 

「一変して変わったことがあたりまえになってきている」

 

人は習慣で生きる生き物。

この2年という歳月は知らないうちに人の感情をなくし
つまらなくさせているのではないかと改めて思った。

 

もう少し行動は制限されるかもしれない。

だけど今日からは、心まで制限されないようにしよう
感じたロケハンとなったのでした。

 

また、若いっていいなと感じたこととは
逆に歳を重ねることのいいこと

同時に考えた夕暮れ時でした (笑)

 

みなさんは歳を重ねることのいいことは
何があると思いますか?

 

長くなったので、庄原ロケハンについては次の機会に。
広島の県北エリアは別世界がありました(驚き)

 

最後によく公開している写真だけど
もう開催が中止された宮島水中花火大会の写真を一枚!!

宮島花火

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

週末を面白がっていきましょう!!!

2022.3.11 (金) 山口聖巴

 

☆ブログ2,3日に1本で更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!