仕事を通じて知った素敵な一押し宮島スポットのご紹介!!

Photo & Movie Blog Vol.117

【トップ写真 : HAYASHIYA CAFEでのBTS】

 

こんにちは。
iDS Studio聖巴 (せいは)です。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしています。

 

さてさて、3回にわたって書いてます宮島観光誘致TVCM

ラストは撮影ロケ地のご紹介で締めてみますよ〜。

 

企画案から撮影準備期間を経て、本番を迎えるわけですが
どれだけ準備していても当日はイメージ通りにいかないのが

撮影現場の基本です (笑) いや、これはほんとに。

 

例えば、観光客ひとつとってみてもロケハン時は
3月初旬だったため、10代の若年層が主だったのに対し

撮影当日3月下旬の2日間は、ファミリー層に変わっていました。

ここで、もしエキストラが入る前提の撮影だったら
こういったことも踏まえた計画が必要になります。

 

今回は人通りが多いとされる表参道商店街での
ワンシーンがありましたが

観光客の年齢層より逆に人が写り込んで欲しくないため
桜シーズンだったため人数の多さへのケアが必要でした。

さすがに、観光客が多かったのですが
なんとか撮ることができましたー。

 

前置きが長くなりましたが、今回はこだわったロケ地について。

 

撮影でご協力頂いたロケ地では

JRフェリー厳島神社、大聖院などは
ご紹介の必要がないくらい認知されていると思いますが

店舗さんはまだ知らない方も多いかと思うのでご紹介。

 

まずは表参道商店街の中にある「宮島GEBURA」さん

宮島の民家を改装したオシャレなBarで、20種類の
オリジナルカクテルや日本酒、ウイスキーが味わえる

インスタ映え映えな人気のお店でオススメです。

こだわりのメニューの上、さらに2杯目から半額。
もうね、ロケハン時にはどれだけ飲みたかったことか(笑)

ゲブラ外観
参照 : るるぶ&more https://rurubu.jp/andmore/article/15227

バー
参照 : 宮島BLOG https://miyajima-villa.jp/press/?p=8364

 

そして、町屋通りから幸神社へと続く階段を登り
五重の塔が見える丘にあるのが「牡蠣祝」さん

牡蠣屋が提案する「牡蠣屋オイル漬け」コンセプトショップの
こちらでは、宮島島内でさらに非日常的な空間を愉しめるお店。

オイル着けと一緒にワインなんぞ楽しめるので、
撮影本番では、どれだけ飲みたかったことか(笑)

オーナーと雑談中に、フランス人観光客が唸っていたという
広島は三次ワイナリー産のTOMOEというワインを

教えてもらったので今度飲んでみようかと思います!!

牡蠣祝店内
『素敵な店内から』

テラス
『キャストのスチール撮影中にテラスで一枚』

牡蠣祝さんサイト↓
http://www.kakiwai.jp/

ちなみに「宮島GEBURA」さんと「牡蠣祝」さんは
同じ会社の系列店となります。

予約なしの先着順となりますが
宮島に行かれた方は本当に一押しです!!

 

さてさて、お店としては最後のご協力店となります
「HAYASHIYA CAFE」さん

町屋通りの風情ある一角にありますこちらのお店は
パフェやかき氷などを楽しめる可愛いカフェ。

今までお会いしたスタッフは全員女性でメニューの
見た目もほんと可愛いくて宮島らしいデザイン。

店内もカウンターがあったりテーブル席があったり
島内をひとしきり散策した後の休憩に

ほっと一息つける素敵なお店です。

上代
『サクサクふわふわのかき氷をいただく営業マンw』

HAYASHIYA CAFEさんのサイトはこちら↓
https://www.cafe-hayashiya.jp/

 

どうです? 行きたくなったでしょう?(笑)

 

こういったロケ地選びもキャスト表情含めて良い映像を撮るには
欠かせない大切な要素となり、iDSでも力をいれています。

制作サイドで実際にロケハンして吟味して選んだ今回のお店。

出演キャストの3人もキャーキャー言いながら楽しんでくれて
素敵な表情を撮ることができました!!

若干、食い倒れツアーみたいになっていたけど(笑)

 

若い層に向けて発信していく今回のTVCMとSNS広告。

・10代〜20代前半が響くものとは?
・宮島に来た時に何を見て、どんなことをするのか?
・旅行が行けなくなって、どんな心境になっているのか?

今、現在の若年層の心境や習慣など、その立場になって考え
想像してみる
ことで、また新たな発見と学びがありましたよ。

30代後半ともなると、思考が固まってくるものですね〜(泣)

 

iDSでは、案件なども含めて宮島になぜかよく呼ばれるですが、

新しい世代になり、ひと昔前とは変わって
雰囲気がモダン化して来ているように思えました。

約1400年の歴史ある島、「宮島」

歴史や伝統だけでは、もはや輝くことが
できなくなりつつある近年に

新しい世代の風が入ることで、古き良きと交わり
また違う輝きが生まれ

コロナ前のように多くの人で賑わう場所に戻るといいな。

広島人としても、大好きな宮島の益々の繁栄を願います。

 

今回の撮影でご協力頂きました関係者や店舗の皆様。
本当にありがとうございました。

3回にわたる宮島TVCMブログ読んでくださり
ありがとうございましたー。

4月に入り、堰を切たように周りが動きだしたので
スケジュールがパンパンです。

何をブログで書こうか迷うくらい (笑)

これだと思ったストーリーをまた随時書いて行きますので、
引き続き、ぜひご覧頂けると嬉しいです。

明日は庄原はヤマザクラの撮影、楽しみです。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.4.15 (金) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

TVCM制作の裏側をちょこっとだけ書いてみます。

Photo & Movie Blog Vol.116

 

【トップ写真 : 監督になりやら真剣に話す僕w】

 

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしています。

 

さてさて、前回から書いてます宮島観光誘致TVCM

今回はTVCM制作において企画の成り立ちから
そのうえでやっている業務内容なんかを書いてみようと思います。

まずは企画案から〜

 

【コンセプト】

従来の宮島のブランディングではなく、
「今の宮島の魅力」を発信して新規来客を増やす。

【ターゲット】

広島県内はまた近辺の県に住む20代~30代の若年層

【ロゴ : #あさひよ宮島】

朝(あひ)昼(ひる)夜(よる)を省略した造語。
宮島の1日を通して良さを伝えることを想定したロゴ
(まだ非公開なのかな..)

ロゴに「#」がついているのは、これからSNSを通じて
CM放送後も引き続き検索と紐づけていくプランニングのため

【CM・STORY】

コロナ禍によって延期なっていた卒業旅行。

大学同期の友達グループが社会人なった後に
計画した3人の宮島旅行。

少し社会を知った3人の若者が宮島で遊び
楽しみながら、時に社会という新境地に悩みながら、、

「朝・昼・夜」の宮島の良さを旅しながら伝えるお話。

と、まぁ企画構成案はこんな感じで監督サイドで決まり
iDSとしてはキャスト手配から制作進行・撮影の分野を担当

 

キャストはいつも同じみの売れっ子ヘアメイクリスト
わたしと羊の金子みすずちゃんに相談。

キャスト手配からヘアメイクから衣装の相談まで
まるっと依頼できて大助かり!!

おかげでiDSとしては制作進行と撮影に集中できました。

 

みすずちゃん
「お仕事のみすず氏、かっこよかった」

 

制作進行とは映像制作に関する段取りや手配などを
全般に行い、今回でいうところの

 

・撮影協力店舗への許可&アポ取りと連絡事項の共有
・撮影の香盤表(スケジュール)の作成
・ホテル探し (キャストの支度する場所も含めて)
・関係者の全体MTGの日程の調整 etc
・撮影当日の段取り (食事などの手配)←今回はやってない

 

ホント、TVCM制作ってひとつのことを成し遂げるのに
どれだけの業務があるのか。。

大きい現場になると制作部という担当チームがあるくらい。

 

皆さんもCM撮影・ドラマや映画のロケに出くわしたことがある方は
なんでこんなに人数いるの?思うことがあったかもしれません。

規模が大きくなるとそりゃ大勢の人がいるのがわかりますね〜。

 

ただ、今回は厳島神社大聖院、JR宮島フェリーの撮影許可取りは
宮島観光協会さんに甘えたので全然軽い方でした(笑)

何かをご依頼する時に、どこの誰からお願いが伝わるかで
もう天と地ほど違うのが世の常 (笑)

そういった面では宮島観光協会さんの担当者さんは
宮島全域でコミュニケーションを非常に
よく取られていて話がスムーズ。

 

やっぱり日頃からの人間関係を良好にしているんだな〜っと
側からみていてもわかるほどで、見習うお姿でした。

 

制作部としての業務も進めながらも本業の撮影部としても
頑張ってましたよ〜〜〜!!!

 

・企画を把握してロケハン (下見)
・カット割りのMTG & 監督とカメラワークの擦り合わせ
・撮影・音声機材の準備 (本来は音声さんが欲しいところw)
・キャストへお芝居を伝える (本来は助監督がメインでやるw)

 

を主に業務としてはやっていきました。
まぁ、準備もですが撮影部はなんだかんだと撮影当日が一番大変です(汗)

 

りかさん
「音声担当でもなんでもないのにしてくれた優しいRさんw」

 

と、まぁこんな感じのことをしてきました!!
細かなところは割愛していますが、改めて書き出してみると

結構なボリュームの業務をこなしているな〜っと
わたしくごとながら若干驚愕でした(笑)

大変そうだね〜って思われるかもしれませんが、
僕にとっては好きなことで苦労は苦労ではなく

映像制作にはそんな苦労や大変さを乗り越えれる
楽しさがあります。

 

また撮影も楽しいのですが、今度はお芝居をつけていく
助監督というポジションも体験してみたいな〜っと

新たなステージも見えた現場でした。

 

※監督のお芝居の方針のキャストに実際に伝えるのが
主な助監督の仕事 (だとおもっているw)

 

次回は、そんな現場のエピソードも少し書いてみようと思いますよ。

本日もご覧くださりありがとうございます。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.4.8 (金) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

いつもいつもこの件については本当に迷うんです。

Photo & Movie Blog Vol.115

 

【トップ写真 : 宮島のフォトスポットのひとつ】

 

こんにちは
iDS Studioの聖巴(せいは)です。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしています。

 

暖かくなった地域では桜満開の4月初旬
みなさまどうお過ごしですか?

先週末のお休みは家族でお出かけしまして、
道中に平和公園に桜を見に寄りましたが

みんな思い思いにお花見をしていて
久しぶりの、のどかな光景に心ほっこりでした。

 

桜と聖巴
「あまりの満開ぶりに一枚パシャり」

桜
「iPhoneのポートレートモードで一枚」

 

さてさて、今回はそんな穏やかな休日の前のお話。

3月末の二日間は前の記事で書いていた
宮島観光誘致のTVCM撮影でバタバタでした。

述べ2〜3ヶ月の日程で準備してきた今案件。

 

クライアント、代理店、制作サイドのみんなで
ひとつの目的に向かって

おりゃーって気合い入っていたのにも
関わらず撮影日の二日間だけ天気悪い(笑)

 

うそやん、、僕めちゃめちゃ晴れ男なのに。。

 

その二日以外は安定の晴れマーク。
実際に撮影明けの4月1日からはホカホカの陽気。。

お、おかしいよね。。と思いつつも
まぁ天候なのでね、しょうがないのですね。

 

しかし、一番困ったのはリスケするかどうかの判断。。。

この判断だけはほんと〜〜〜にいつも迷う....

1週間前くらいからマジで雨だったらどうするこうするの
お話が現実味を帯びてきて、クライアント含め大騒ぎ。。

 

もし、リスケなったらJRフェリー、厳島神社、大聖院、
商店街の撮影ご協力を頂く店舗などなど。。

製作陣も含めてかな〜りの騒ぎになるので
もうね。。最終打ち合わせの4日前から

天気の回復を願うのみでしたよ。。

 

ただ、今回のCM構成は内容はストーリー重視。

もちろん晴れが望ましいけど
それよりもキャストをどう魅せていくかが

一番のポイントということもあり

結果、初日の天候が回復傾向に少しだけ振れたので
2日目の予備日を1日だけ作り撮影を敢行!!

 

最終的に2日共に撮影はうまくいったので
万事オッケーでしたがソワソワした案件でした。

キャスト
「今回のキャスト3人!! 一人16歳でスチールにこのポーズ
若い世代と初々しい現場でした」

 

次回からそんな撮影の模様を書いてみようと思います。

本日もご覧くださりありがとうございます。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.4.6 (火) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

大好きなことで、人の心に響く感動する作品を創っていけたら幸せだな。

Photo & Movie Blog Vol.114

 

【今日の一枚 阿蘇山 大観峰より】

 

こんにちは。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真業、映像業をしている
iDS Studio聖巴 (せいは)です。

 

春が来そうで、また少し寒戻りするの繰り返しで

なんだか季節まで落ち着かない最近ですが
みなさまどうお過ごしですか?

 

iDSでは4月がもう目の前のここ数日は
撮影準備や映像構成作成にバタバタとしています。

4月から様々な案件が動き出すその前に

今年度最後を締めくくるお仕事となるのは
明日から二日間にわたる宮島観光誘致のTVCM撮影

 

桜のシーズンで観光客も多いのでしょうかね。
撮影するには辛い時期です(笑)

 

「今回のシナリオは、コロナで卒業旅行が延期なる。
その後、社会人となり久しぶりに仲間と集まる旅先が宮島」

 

という設定。

宮島で若い仲間たちが過ごす時間をエモーショナルな
人間模様を軸に物語が構成されていて
どんな仕上がりになるのか今から楽しみ。

 

無事に撮影が終えれるように頑張ります。

 

そうそう宮島といえば、鳥居の修繕工事が
ここ3年ほど行われていましたが

なんと今年の12月くらいには再び大鳥居の
元気な姿が観れそうだと発表がありましたね〜。

それも今後がとても楽しみです。

 

そろそろ日本も感染対策を全面解除して
自由に観光できるようになって欲しいものです。

(もちろん、基本的な注意はまだ必要でしょうけど)

 

観光業の映像制作はiDSでは得意ジャンルであり
何より大好きなことなので

iDSとしても観てくださった人の心を揺さぶるような、
感動を生むような映像を作っていきたいと思います。

 

勉強に色々と動画を観てると日光市のプロモーションが
とても素敵だったのでこちらにご紹介↓

いや〜、プライベートで日光に行ってみたくなりました。

 

次回は宮島のお仕事でのことなど書いてみようかな。
本日もご覧くださりありがとうございます。

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

2022.3.29 (火) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

2年間で一変した生活があたりまえになっていくとーー。

Photo & Movie Blog Vol.110

 

【今日の一枚:自分が幸せだと隣の人も幸せ】

 

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

今日で東日本大震災から11年が経ちましたね。

あの日は原爆ドームを撮っていた日で、夕方以降
東日本が大ごとになっていたのをよく覚えています。

 

11年もの歳月が流れても、未だに完全には復興していない
福島の皆様が少しでも早く元の生活が送れるよう

心よりお祈り申し上げます。

 

原発の事故処理も未だに完了しないでいるようで
汚染水を貯めるタンクが今年の秋には満タンになるそうです。

東電と国は、できる限り汚染除去して海へ流すそうですが
果たしてそれは大丈夫なのか。。(汗)

 

戦争なんてしてないで、人類の叡智を解決にむけて
集約して
欲しいものです。

 

さてさて、大きなことを心配しても人間ひとりに
できることは、目の前を自分なりに幸せに生き抜くことのみ。

 

今週は、これから始まる撮影ラッシュに向けて
ロケハンに2本行ってきました。

2本とも観光業の案件

 

宮島の良さを若者に届けるためのTVCM

庄原観光を訴求する春夏のPRムービー

 

になるのですが
まぁ〜どっちも遠方で、さらによく歩くので疲れたっ(笑)

ですが、2本のロケハンで新しい心の気づきがありましたよ。

 

卒業シーズンの観光地。

広島はマンボウ明けになり、大勢の観光客で
賑わっている宮島が、その日はありました。

商店街から厳島神社までを明らかに10代から20代前半の
若者たち
がウキウキ、キャッキャッと観光を楽しんでいる。

 

その若者達を見て、なんだかいつもと違う感情の変化
自分に感じたのです。

「若いっていいな〜」っという40代に膝まで浸かっている
30後半のおっさんは、もはや心もおっさん(笑)

これは、基本的に感じることですが、もうひとつ。

 

10代、20代の輝きと、自ずと出ている若きエネルギーが
なんだか眩しくドキドキする。(若い女子ってわけじゃなくね)

おかしい、かつてこれほどまでに若さに対して
心が動くことがあっただろうか。。なぜだ?

 

そう思った僕は、制作チームで同行していた
監督兼編集担当のO氏と一緒にこの感情を深掘り始める。

ロケハンも終盤になり、夕日を待っている時でした..

 

深掘りしていった結果、

田舎暮らしのため、コロナ禍で大勢がいる場所に
行くことがほぼなかった。
(特に今年に入ってから)

仕事で会う関係者は同年代以上であり、社長さんとか
目上の人が多い。

通勤もそのほかの移動も基本的には車なので人に接しない

仕事で都市部にいくことはあってもドア to ドア

今まで宮島はブライダルや撮影本番だったので
観光客はただただ、進路妨害する壁だった(笑)

 

と、こんな原因があるな〜っと考えていったわけなのですが

若者達に接することがなかったどころか
この2年間は大勢が集う環境にほぼ行くことがなく

今回の宮島の観光ムードがお祭り騒ぎみたいで単純に
楽しく、ワクワクさせていたことが一番大きいと判明!!

 

それだけではなく、僕の住まいは田畑や山に囲まれた里山。

スタジオも田舎に構えているので都市部に暮らす人たちほど
コロナに関する影響は感じてなかったのですが

コロナによって生活が一変したことで
実は失われていた感情や思考があったのでないかと

今回の宮島ロケハンでふいに気がついたこと。

 

「一変して変わったことがあたりまえになってきている」

 

人は習慣で生きる生き物。

この2年という歳月は知らないうちに人の感情をなくし
つまらなくさせているのではないかと改めて思った。

 

もう少し行動は制限されるかもしれない。

だけど今日からは、心まで制限されないようにしよう
感じたロケハンとなったのでした。

 

また、若いっていいなと感じたこととは
逆に歳を重ねることのいいこと

同時に考えた夕暮れ時でした (笑)

 

みなさんは歳を重ねることのいいことは
何があると思いますか?

 

長くなったので、庄原ロケハンについては次の機会に。
広島の県北エリアは別世界がありました(驚き)

 

最後によく公開している写真だけど
もう開催が中止された宮島水中花火大会の写真を一枚!!

宮島花火

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

週末を面白がっていきましょう!!!

2022.3.11 (金) 山口聖巴

 

☆ブログ2,3日に1本で更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

お仕事で気がついた3つのこと〜その③〜

Photo & Movie Blog Vol.59

【トップ写真】
博多屋さん表参道入り口

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

お待たせしました、
いや、もう待ってないかも知れません、、ね。(笑)

次の映像制作が始まり、加えて写真業務などの
日々の忙殺からようやく記事を書く気力が戻ったので、

いよいよ、お仕事で気がついたことの連載3本目。
制作を終えて見えた今後の課題について書きます。

ん〜〜と、これはですね〜、
僕の未熟なところなので書いていいのやらですが、

後学として記事にしておこうかな。

映像を観て頂いた方が気がついたかどうかは
わかりませんが、

実は、今回の作品のシナリオには
タイムスリップの要素を組み込んでいまして、、

(何回か観てもらえると何となく気がついたはずw)

冒頭で着物の外国人女性が出てきて、
岩に落ちたもみじを拾うと、

シュンっと現代の博多屋店内に移動する。
そしてラストに再び同じ場所からもと居た過去に戻る。

ここがタイムスリップシーンです(笑)

なぜ、このシナリオにしたかというと、
博多屋さんは創業140年の老舗。

創業時は杓子問屋を営み、現代ではもみじ饅頭製造へ。

その歴史を文章などのストレートな表現で伝えるのでは
単純すぎるし、世界へ発信された時にセリフがあったら

字幕が必要なるので、多言語化するよりは、
極力映像のみ、視覚的な情報で構成しようと考えたからです。

そこで140年前というと、世は明治維新後の大正時代。
西洋文明がどっと日本に入ってきた頃ですね。

その時代と現代の世界をひとりの女性が、

タイムスリップをして宮島の歴史や風景に触れながら、
そして、戸惑いながらも博多屋にたどり着き、

現代を楽しみ過去へ戻る。

このようなストーリーの中で博多屋さんのPRをして
行きたいと企画をご提案しました。

先方のオッケーも出まして、さぁ制作進行です。
もうそこからが、

「大正時代の着物ってどんなやねん?」

「この時代の女性のヘアスタイルは?メイクは?」

「杓子製造も当時は手作業?」

「作業着も法被だった!!」

などなど、大正時代の世界観を表現するのに大騒ぎ(笑)

杓子工場
【写真】現存の杓子工場の親方に手彫りで演出してもらいました。

これ大正時代ならまだギリギリ写真などの資料もあるから
過去に遡れるけれど、江戸時代はやばいっすね。。

もう想像でしかないやん (笑)
あっ、絵はあるか。。

いや〜、映画製作者の方々の苦労と努力と想像力を
今回は片鱗だけですが、改めて理解することが出来ましたね。

僕なりに世界観を出すためのことは、やりきったつもりでした。

が、しかし〜〜、、、、
出来上がってみるとイマイチその世界観が足りない。。

な、、、なぜだ。。。。

答えとしては、女性ひとりで衣装やヘアスタイルなどのみで
世界観を出そうしたことが50点でした〜。。

例えば、
冒頭の着物シーンに、もし女性と大正時代の格好をした
エキストラの方々が数名で道を行き交ってくれていたら

その世界観はぐっと深まり伝わったと思います。

未熟だったのでここまでの思考に行きつかなかった。。(泣)

着物
【写真】このシーンにエキストラが歩いていると大正時代になったはず。。

以前、ご縁を頂き津田豊滋監督の現場の撮影助手の
お手伝いに行かせてもらった時にエキストラの数や動き方を

めちゃめちゃ熱く演出指導していたことが
自分でやってみることで改めて理解が深まりました。

エキストラって大事っすね(笑)

また着物が綺麗すぎるなどのご意見も頂きました。
その時代であればもう少し汚れていても良いはずだと。。

もちろん上記だけのことではないのですが、
今回は、昔の時代の表現を取り入れた作品を制作するにあたり、

世界観を表現すること、観てくれる方が入り込むために
必要だったことをたくさん学べること出来ましたよ。

時間にして、約3分半と短い作品ですが、
完成するまでにたくさんのドラマがありました。

楽しいことばかりではなく、苦しいこともありますが、
作品を作らせてもらっていくごとに、

それらは全て僕らの足跡として残って行くことが
嬉しいです。

そして、自分の作品を創ることの楽しさを
改めて感じ始めています。

今は前回の記事で少し触れた北アイルランドへの
平和プロジェクトを促進するための映像制作をしています。

撮影は一応すべて終わって、今は編集段階に、
こちらもまた後日公開したいと思っています。

最後まで読んでもらってありがとうございます。
次回も読んでもらえると嬉しいです。

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!!

2020.3.10 (水) 山口聖巴

今回の映像作品はこちらから↓
〜宮島の、かたち。〜

博多屋さんのウェブはこちら↓
謹製もみじ饅頭 博多屋

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

お仕事で気がついた3つのこと〜その②〜

Photo & Movie Blog Vol.58

【トップ写真】
このお仕事の制作メンバーと撮影終了後にパシャリ。

こんにちは。

今年に入ってから夫婦でワインにハマって
まだぺいぺいのくせに趣味はワインと言い放ちたい、

30本入りくらいのワインセラーが欲しいが、
買い渋っている小さな男。

どうも、聖巴です。(笑)

広島では三越1階にエノテカさんや
幟町の18eさん、上八丁掘のハナワインさん。

色々あることがわかって来ましたが、
我が家でお気に入りなのは、

GreenPounds HAKUSHIMAさん。
WEBはこちら →Green Pounds

こちらのお店はオーガニック系のワインが豊富で、
オーナーがデイリーでワインを楽しんで欲しいと

いう想いから価格がリーズナブルなのに、
美味しいワインが見つかるという抜群なショップ。

最近で一番美味しかったブルゴーニュワインの赤↓

ワイン
『写真』オレリアン・ヴェルデ

はい、夜になるとワインばかり飲んでいるクセに、
連載の記事は放置するという事態。。。(笑)

す、すみません。

いえ、決して放置ではないのですよ。
カッコつけていい事を書こうとすると、

日中の運営が忙しくなったらブログを書くところまで
頭が回らない & 体力が残らない。

のです。(いいわけにもならない)

ということで、
気長にのぞきにきて頂けたら嬉しいです。

前回の記事を忘れた方のために、

お仕事で気がついた3つのことの⓵については
こちらをポチっとCHECK↓
お仕事で気がついたこと〜その⓵〜

さて、今回はお仕事で気がついたことの2つ目の

「作品のクオリティーを高めるためにトライしたこと」

ということを書こうと思っています。

それはですね、
人を頼り、人にお願いしようと決めたことでした。

「えっ、そんなの普通やんっ」

っと、思われることでしょう。

ですが、僕にとっては今までを振り替えてみると、
自分でやった方が早い星人が乗り移ってきて、

人に頼ればもっと多面的に質があがるのにと
課題点が残ることが多かったのです。

もちろん、毎回自分では全力を注いでますけど、
一人でできることなんて限界がありますよね〜〜(汗)

この自分でやった方が早い星人が乗り移る人は、
以外と多いのではないでしょうか?

今回のクライアントの博多屋さんは、

年間を通して世界中から、多くの観光客で賑わう宮島に
お店を構えていることや、

表参道の(商店街通り)おもてなしトイレにある
宮島店舗マップサイネージでも動画を流すことを

検討されていたので、それは映像が一目に触れる機会が
(チャンスの数)多いと思い、

「これは、とにかくチームでやるべきやん!!!」

と、タイプ的にひとりでなんでもやりがちな
僕もさすがに感じ取り、

たまにケチケチ星人にも乗り移られることもあるのに、
まさかの見積もり提出後に、火がついてしまったのです。(笑)

当初でも外注などを予想して予算を組んでもらってはいましたが、
制作を終えてみると結果、、、

制作チーム編成にかかる外注費や進行における費用。

4日の予定が7日ほどのシュートになった撮影費用。

演者を外国人を起用したことなど。

あとから心みたチャレンジ精神によって、
当初の費用感を超えようは、予算オーバーやん!!

状態でビジネスとしての手腕は全然でしたけど(笑)

(見積もりについての考え方は⓷でまた触れます)

「今回は良い作品を作りたい」っていう想いから
その姿勢で人を頼り、お願いにまわって動いていると、

クライアントさん、演者さん、スタイリスト&メイク、
エディター、撮影助手がチームとして段々まとまって来て、

例えば、観光客がいない宮島で撮影がしたい僕の希望を
早朝の寒い中でのシュートだったのに、

嫌な顔ひとつせず、各自の役割の中で、
ご尽力くださり素敵な作品が作れました。

作品のクオリティーをあげるためにトライしたことは、

「人に頼ろうと決め、お仕事なのでその分には、
 お金をかけていったことでした。」

ですが、

お金をかければ必ず良い作品ができわけではないと思います。
人が動いてくれる理由はお金だけではありませんよね。

大切なのは「自分の熱い想いとまっすぐな姿勢」で、

そこから生まれる、
人と人との関わり合いじゃないかと思います。

今回では外国人の演者さんやメイクさん。
お着物を探す時も、

友人や知人が、こんな人いるよって紹介してくれました。

ここぞって時に助けてもらえるのは、
日々の積み重ねだと改めて感じることができ、

力をお借りした方々には感謝でいっぱいです。

その後、演者をしてくれた女性が作品を
SNSにアップしてくれたことがきっかけで、

アイルランドの方が見てくれて、
アイルランド、ロンドンと広島を結ぶためのプロジェクトで

映像制作をやらせてもらう運びなり、
これからまた企画構成、制作進行から撮影と走ります。

先に書いたような作品への想いが、日本をはるか飛び越えて
世界に出て行き、またご縁が広がっていくことを嬉しく思います。

僕は最近では、

「カメラが世界へ、僕を自由に連れて行ってくれる」

と思うようにしています。

僕自身が世界へいくんだと考えると
ハードルが高いように感じるものも、

カメラが連れていってくれると思うと可能性が広がり、
ワクワクしてきます。

他力本願ならぬ、カメラ本願で、
これからもまたやってくる仕事にワクワクしながら

取り組んで行きたいと思っています。

次回は⓷制作を終えて見えた今後の課題点について。
を書いていきます。

最後まで読んでもらってありがとうございます。
次回も読んでもらえると嬉しいです。

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!!

2020.2.19 (水) 山口聖巴

集合写真、もみじ谷
『写真』過去シーンを撮影した時の制作メンバーとパシャリ。

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

宮島!!!

Photo & Movie Blog Vol.20

【トップ写真】
神前式後の記念の中からワンカット/strong>

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

前日3月10日の日曜日は、la!hal Wedding
写真撮影のお手伝いで、広島は世界遺産のひとつ
「宮島 厳島神社」へ行って来ました。

宮島は観光名所としても人気があり、
国内外問わず年中旅行客で賑わう島です。

2017年には来島者過去最高の年間450万人
外国人観光客は30万人を越したと言います。

もうね、いつ行っても人、人、鹿です(笑)

外国人は数年前まで北欧の方が多かったように
感じていましたが、今は中央アジアのインドや
東アジアの方
も増えてきているように思えます。

時代の流れはこんなところにも現れていますね。

さて、そんな宮島での結婚式はというと

厳島神社での神前式も超人気で希望予定日の
1年前からじゃないと予約することができず
倍率はいつも高いようですよ。

電話が繋がらない〜ってよく聞きます。。

この日は雨模様の中での1日でしたが、
雨でないと撮れない、見えない景色もあるのでいいですね。

商店街から厳島神社までの道は雨でも観光客で
賑わっていて人力車で移動すると、
新郎新婦さんは注目されてたくさんの人達が

「おめでとう〜」「わぁ〜綺麗〜」
「みて、花嫁さん」

拍手と溢れんばかりの祝福の言葉をくれるのも
厳島神社での挙式の醍醐味。

広島でたくさんの結婚式会場がありますが、
これほどお祝いをされる場所はないでしょう。

インド
【写真】こんな風に国を超えて祝ってもらえますw

カメラマンの僕はというと観光でワチャワチャしている
人達の間を可憐にくぐり抜け人力車に競歩のように付いていき
撮影するのに精一杯になっています。(笑)

この日は雨だったのでカメラ2台にレンズバックに
傘に毛氈、番傘まで持ってとにかく必死(笑)

寒いと思ってコート着てたら中身は汗で若干修羅場の上に、
さらに息も上がりますが涼しい〜スマイル顔(笑)

ですが、神前式に入る頃には、
汗も気持ちも落ち着いて厳かな雰囲気です。

厳島神社の神前式は何度お手伝いさせてもらって
いますがいつ来てもいいですね(^。^)

ご披露宴は親族のみで島内の旅館で会食。

桜に包まれた会場で家族で楽しく食事をしたい
と希望された新郎新婦さん。

桜で華やかに飾られたテーブル上に、
座る方の席前方に関連する写真を配置。

さらには桜のツリーを作って、
そこに皆さまと思い出や二人の思い出写真を飾る。

とても素敵にコーディネートされていて、
ご家族のみなさんも大喜び。

「写真っていいね〜」っとニコニコされ眺めていました。

それを聞いて写真を撮るものとして嬉しくなります。

この辺コーディネートもla!ha Weddingは上手だなーっと
いつも感心してしまいます。

桜ツリー
【写真】桜のツリーと前撮り写真を飾ったフォトブース

余談ですが、この度の新婦さん、
偶然にも福富町で知り合った学生さんのお姉さんでして、
打ち合わせの時に発覚してそりゃもう驚きでした。

もう世間の狭さというか、ご縁というか、
当日もその話題でご家族の皆さんと盛り上がりました(笑)

繋がる人は繋がるんですね〜(^。^)

和やかに会食の時間は過ぎ、全て終了した後に
新郎さんが安心されたのかホロっと涙目に。

この度の新郎さんは口数は多くなく、
どちらかというというと男らしい寡黙な方でした。

そんな方の安堵した様子に、
あぁ、神経を使っていらっしゃたんだなっ。

そうだよな、僕はもう10年以上はブラダイルの
お手伝いしてきて何百組と撮影して来ているけど、
ご本人さんは初めてのことで緊張されますよね。

気をつけていたとしても、
時として人はどうしてもひとつのことを長くやっていると
慣れが盲目にしてしまうこともあると思います。

ですが、常に相手の立場で撮影に取り組むべきだと
無事済んだことに安堵する新郎さんを見て、
改めて思い直させてもらえた出来事でした。

ブライダルのみじゃなく、
その他の撮影も、

いや、きっと日常の全てにおいて、
慣れの盲目を自覚して有難いと感謝の心で視ることで、
人生はより豊かになっていきそうですね。

お仕事面だけなく、人としても、
そんな感性を持ち続けれる男でいたいです。

んん〜、日々学び。
次はどんな学びが待っているのか楽しみです(^。^)/

ご拝読ありがとうございました。
次回は3/15(金)に更新予定です。

それでは、
「いま、この瞬間を大切に」
目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!

2019.3.12 山口聖巴

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!