いくつになっても!!!

Photo & Movie Blog Vol.71

【トップ写真】
ウェイクサーフィンのボード達

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

今回は少し前ですが、
先月7月中旬のお話を書いてます。

去年の春先に安芸太田町の温井ダムで行われた
ウェイクサーフィンと広島活性を掛け合わせる

振興プロジェクトPUBz Projectの撮影を
お手伝いさせてもらったのですが、

なんでもディーゼル燃料のボートが
ヤンマーから製造されたとかで、

今年の舞台は海になったということで
お声がかかり撮影してきました。

今回の会場は江田島市沖美町にある
UMINOS Spa & Resort。

詳しくはこちらのサイトから↓
https://uminos.com/?gclid=Cj0KCQjw4f35BRDBARIsAPePBHzxwefqf68M-kARUkz3DbRFW-s2DXhm-i-zwWDZZqyKb-in_WYfu9oaAmmtEALw_wcB

ビーチと海が広がる抜群のロケーションで
宿泊施設としても素敵ですが、

一階にはバーなどもあり、
一瞬で仕事したくない気持ちになりました (笑)

7月というと皆様の記憶にも新しい
今年は梅雨が長く絶賛梅雨期間中でしたが、

今回のプロジェクトの期間中は奇跡的に晴れ。
晴れ男健在でした(笑)

さてさて、なぜウェイクサーフィンをダムやら
海やらで行なっているかというと、

ウェイクサーフィンは、スノーボードが
生まれた後の1970年代後半に初めて登場し、

トーイング専用ボートの曳き波を利用して
サーフィンをする比較的新しいマリンスポーツで、

趣味で楽しむ人達もいれば、国内外問わず
世界大会などにも選手として出場している方達もいます。

外観
『写真』浜辺からのショット

このマリンスポーツを日本でも普及させようと
活動するサーフ協会のJWSAさんと、

ウェイクサーフィンでは、

スポーツを通して広島の活性化を目指す
株式会社IRMANOさん、

(その他、様々な事業の推進をされています)

そして、世界大会にも出場している
ウェイクサーファーのPUBさん。

その3者が中心となって行なっている
振興プログラムの活動しています。

今回は3日間の期間で、ウェイクサーフィンの一般体験や
行政の方々の視察などのプログラムで、

僕はウェブや広報用の写真や動画、ドローンを担当しました。

瀬戸内海をボートで風あびて走ると、とても気持ちよかった。
心地よい天気の中で撮影も順調に進んでいきました。

船上
『写真』ポイントを目指して進むボード

が、、、、、

僕は三半規管がめちゃめちゃ敏感なので、
船酔いは必死。。。(笑)

おまけに揺れの中でファインダーを覗くもんだから
酔いはさらに加速。。。(汗)

それをランチの時にクライアントに伝えると、
「それは大変だね〜、でも仕事だからしょうがないね(笑)」

っとにっこり笑顔で切り返され、、

※基本的に冗談を言い合える仲の良いクライアントです。

「ですよね〜」っとまたボートに乗り込む僕!!

なんでもプロという世界はそう甘くはないことを
改めて思い知りましたよ(笑)

お金を貰えるからプロではなく、
必要なカットを必ず撮って来てこそプロなのだと!!

まぁ、そんなカッコいいこと思っても、
最後はへばって陸からドローンを飛ばしてました(笑)

オーシャンサーフィンをまたやり始めたばかりですが、
波待ちもいらない、ボートが進む限り波に乗れる

このウェイクサーフィンにも興味が湧いたので、
チャンスがある時に次は体験させてもらおうと思っています。

船舶免許も欲しくなるという。
この夏は色々と願望が湧いています。

世界選手として挑戦しつづけているPUBさんは
40オーバー。

PUB
『写真』エアーという技をするPUBさん

JWSAの会長さんは60オーバー。

会長
『写真』タンデムライディングをこなす会長

二人とも本当にお元気な方達で、
年齢関係なくウェイクサーフィンはできるそうです。

スポーツで山も海も適度な街もある広島が
栄えていくといいな〜。

ウェイクサーフィン、
ご興味ある方は一緒にどうですか?(笑)

明日の17時から大瀬戸千嶋配信ライブです
今回もまた違う場所から配信しますよ。

配信リンクはこちらから↓

大瀬戸千嶋 [ JOIN OC TIME #3 ]

https://youtu.be/R9xD-g5Eby0

お時間あれば、ぜひご視聴くださいね。

次回もまた読んでもらえると嬉しいです。

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!!

2020.8.22 (土) 山口聖巴

☆ブログ定期的更新中☆

☆半農半カメラマンYouTube日記Agri picture☆
https://www.youtube.com/channel/UC1ew_oNlBKX-dbkUiPNNDiQ

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

Profile

Astrologer Mina

20th Anniversary

Uno Madokoro @ 廣島書店

お仕事で気がついた3つのこと〜その③〜

Photo & Movie Blog Vol.59

【トップ写真】
博多屋さん表参道入り口

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

お待たせしました、
いや、もう待ってないかも知れません、、ね。(笑)

次の映像制作が始まり、加えて写真業務などの
日々の忙殺からようやく記事を書く気力が戻ったので、

いよいよ、お仕事で気がついたことの連載3本目。
制作を終えて見えた今後の課題について書きます。

ん〜〜と、これはですね〜、
僕の未熟なところなので書いていいのやらですが、

後学として記事にしておこうかな。

映像を観て頂いた方が気がついたかどうかは
わかりませんが、

実は、今回の作品のシナリオには
タイムスリップの要素を組み込んでいまして、、

(何回か観てもらえると何となく気がついたはずw)

冒頭で着物の外国人女性が出てきて、
岩に落ちたもみじを拾うと、

シュンっと現代の博多屋店内に移動する。
そしてラストに再び同じ場所からもと居た過去に戻る。

ここがタイムスリップシーンです(笑)

なぜ、このシナリオにしたかというと、
博多屋さんは創業140年の老舗。

創業時は杓子問屋を営み、現代ではもみじ饅頭製造へ。

その歴史を文章などのストレートな表現で伝えるのでは
単純すぎるし、世界へ発信された時にセリフがあったら

字幕が必要なるので、多言語化するよりは、
極力映像のみ、視覚的な情報で構成しようと考えたからです。

そこで140年前というと、世は明治維新後の大正時代。
西洋文明がどっと日本に入ってきた頃ですね。

その時代と現代の世界をひとりの女性が、

タイムスリップをして宮島の歴史や風景に触れながら、
そして、戸惑いながらも博多屋にたどり着き、

現代を楽しみ過去へ戻る。

このようなストーリーの中で博多屋さんのPRをして
行きたいと企画をご提案しました。

先方のオッケーも出まして、さぁ制作進行です。
もうそこからが、

「大正時代の着物ってどんなやねん?」

「この時代の女性のヘアスタイルは?メイクは?」

「杓子製造も当時は手作業?」

「作業着も法被だった!!」

などなど、大正時代の世界観を表現するのに大騒ぎ(笑)

杓子工場
【写真】現存の杓子工場の親方に手彫りで演出してもらいました。

これ大正時代ならまだギリギリ写真などの資料もあるから
過去に遡れるけれど、江戸時代はやばいっすね。。

もう想像でしかないやん (笑)
あっ、絵はあるか。。

いや〜、映画製作者の方々の苦労と努力と想像力を
今回は片鱗だけですが、改めて理解することが出来ましたね。

僕なりに世界観を出すためのことは、やりきったつもりでした。

が、しかし〜〜、、、、
出来上がってみるとイマイチその世界観が足りない。。

な、、、なぜだ。。。。

答えとしては、女性ひとりで衣装やヘアスタイルなどのみで
世界観を出そうしたことが50点でした〜。。

例えば、
冒頭の着物シーンに、もし女性と大正時代の格好をした
エキストラの方々が数名で道を行き交ってくれていたら

その世界観はぐっと深まり伝わったと思います。

未熟だったのでここまでの思考に行きつかなかった。。(泣)

着物
【写真】このシーンにエキストラが歩いていると大正時代になったはず。。

以前、ご縁を頂き津田豊滋監督の現場の撮影助手の
お手伝いに行かせてもらった時にエキストラの数や動き方を

めちゃめちゃ熱く演出指導していたことが
自分でやってみることで改めて理解が深まりました。

エキストラって大事っすね(笑)

また着物が綺麗すぎるなどのご意見も頂きました。
その時代であればもう少し汚れていても良いはずだと。。

もちろん上記だけのことではないのですが、
今回は、昔の時代の表現を取り入れた作品を制作するにあたり、

世界観を表現すること、観てくれる方が入り込むために
必要だったことをたくさん学べること出来ましたよ。

時間にして、約3分半と短い作品ですが、
完成するまでにたくさんのドラマがありました。

楽しいことばかりではなく、苦しいこともありますが、
作品を作らせてもらっていくごとに、

それらは全て僕らの足跡として残って行くことが
嬉しいです。

そして、自分の作品を創ることの楽しさを
改めて感じ始めています。

今は前回の記事で少し触れた北アイルランドへの
平和プロジェクトを促進するための映像制作をしています。

撮影は一応すべて終わって、今は編集段階に、
こちらもまた後日公開したいと思っています。

最後まで読んでもらってありがとうございます。
次回も読んでもらえると嬉しいです。

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!!

2020.3.10 (水) 山口聖巴

今回の映像作品はこちらから↓
〜宮島の、かたち。〜

博多屋さんのウェブはこちら↓
謹製もみじ饅頭 博多屋

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

広島でギネス記録!!!

Photo & Movie Blog Vol.22

【トップ写真】
世界一なが〜いギネスに挑戦!!

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

先日の3月17日(日)に
南区元宇品のみなと公園にて開催された
みなとフェスタの撮影に行って来ました。

この日の撮影は、午前と午後で2案件。

・前半はギネス記録に挑戦するダイジェスト映像撮影
・後半は某企業さんのブースとイベント記録撮影

写真と動画の二刀流だったので、中々ハードでした(笑)

前半の撮影では、奇遇にも広島で行われた
ギネス記録への挑戦の場に立ち会えました(^。^)

何の挑戦かというと

「世界一長いバームクーヘンを作ろう」

というもの。

これまでの世界記録は1744cmだそうで、
その長さを超えて世界一を目指します。

ちなみにギネス記録は1955年に「ギネス・ブック・レコーズ」の初版が
始まりみたいですね〜。

そして今回、日本では広島で初めて焼かれたバームクーヘン。

戦時中に捕虜になり似島にいたドイツ人の
カール・ユーハイムさんが原爆ドームの展覧会で
焼いたのが始まりだそうです。

以来バームクーヘンは広島でも愛され今年で100年
100周年の記念にギネスに挑戦という企画に
なったようですね!!

2019cm15層のバームクーヘンを目指して、
集まった人数は関係者や一般の方を合わせて約100人!!

4チーム交代で約420kg用意された生地を筒にかけて
行くこと2時間半。

多くのギャラリーも見守る中、14層でストップ
【写真】 しっかりと審査していました。

バームクーヘン
【写真】 14層になるとさすがの厚み!!

ステージ
【写真】 結果発表前、多くの人が注目。

結果発表は、

長さはなんと2078cmが無事に完成して、
ギネス新記録の達成ーー!!

会場はおぉ〜っと大盛り上がり!!!

長さがあるため途中で崩れてしまうことも
あるそうですが無事に完成してよかったです。

広島で世界一を達成する瞬間に立ち会えて
なんだか得した気分でした(笑)

大人も子供のみなさんも楽しそうに作る姿を
バッチリ撮影したので映像の完成が楽しみです。
撮影中は良い匂いだったな〜(^。^)

集合写真
【写真】 食べる前に全員集合!!

これから150年、200年と木の年輪が増えるように、
バームクーヘンの年輪も次世代の人の手によって
また新たな世界挑戦をして欲しいものですね。

150周年が企画されたとしたら85歳かぁ (笑)
見に行けるかな..

記録撮影は体力仕事ですし、
その場をできる限り網羅して撮影していくので、
大変ではあるのですが、

カメラマンとしてお手伝いすることで
色々な現場に立ち会えることは役得ですね^。^

春からはイベントシーズンにもなりますし、
どんなお仕事がお手伝いできるのか
4月からも楽しみです。

ご拝読ありがとうございました。
次回は3/21(木)に更新予定です。

それでは、
「いま、この瞬間を大切に」
目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!

2019.3.20 山口聖巴

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

神石高原町2!!!

Photo & Movie Blog Vol.14

【トップ写真】
映画「黒い雨」のポスターコピーより

こんにちは。
カメラマンの聖巴です。

先日、2月23日 (土)に2日目となる
神石高原町をPRするための撮影に行きました。

↓前回の記事はこちら↓
Photo & Movie Blog Vol.12

今回の取材協力者のお二人は、

・元靴屋の実家を改装して不動産会社を始めた松井さん

・小畠村の歴史と文学を広め、平和サロンで伝え続ける重松さん

いやー、
2日目の今回もインタビューを通して様々なことを
聞かせて頂くことができましたよ。

松井さんは、生まれ故郷になる神石高原町にて
不動産会社を設立して3年目。

一般的に田舎で不動産事業と聞くと人も少ないし、
土地はたくさんあるが、家も少ない。

そんなマイナスイメージでしょうか?
僕もです。

大丈夫なのかなっとインタビューを聞いていくと
松井さんはポジティブな性格なようで、
そこはなんとかなるさっと楽観的に捉えているようでした。

僕ならヒヤヒヤしちゃいます。(笑)

楽観的に構えれるのは、地元出身ならではと言いますか。

近所の方からは、あそこの息子さんか!!っと言う事で
新しい事業でも人間関係がすでに構築されていることが
安心の元になるようでした。

生まれ故郷はこういった時ラッキーですね!!

靴
【写真】
靴屋だったころの商品を出してもらって撮影。
靴のデザインもだけど、箱に何より昭和を感じます。

ドローン
【写真】
不動産会社にもドローンが。。w 
田舎ならでは活かしてお客様に空から物件や道の状況を見せてあげているそうです。
ドローン好きな近所の方と良いコミュニケーションツールにもなるそうw

福山出身で養子として神石高原町に暮らすことになった
重松さんは、ふれあい平和サロン「志麻利」の館長さん。

こちらの館では、

日本文学界で屈指の小説家「井伏鱒二」さん(福山出身)と
神石郡小畠に暮らした「重松靜馬」さんと親交の歴史を
主に伝える記念館。

井伏さんと重松さん
【写真】
井伏樽二さんと重松靜馬さんの交流を記念する一枚

井伏さん
【写真】
まんが物語にまでになってる方だなんて。。けど知らなかった。。w

井伏樽二さんは、
「山椒魚」「ジョン万次郎漂流記」など数々の作品を世に出した方。
「黒い雨」という小説が広島市の原子爆弾投下より数年後の
神石郡小畠村が舞台となり、

被爆者・重松靜馬さんの重松日記
被曝軍医・岩竹博さんの「岩竹手記」を基にした作品となる
そうで、その歴史を伝えています。

広島市に生まれ育ったほとんどの子供達は、平和学習ということで
平和資料館へ行ったり、原爆については学んでいくのですが、
このような小説家の方がいて、「黒い雨」という作品を
出していたのを初めて知りました。

まだまだ知らないことだらけです。

こちらの黒い雨は、ドラマ化、映画化もされていて、
映画では主演・田中好子さん、市原悦子さんなどをキャストに

公開翌年の第13回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ
数々の部門で受賞しているようです。

黒い雨
【写真】
グッと刺さる言葉でした。モノクロの一つひとつのカットも素敵です。

重松さんは、僕たちにも熱く生き生きとした口調で
ことの成り立ちからこれまでの歴史を話してくれ、

聴きやすい説明に、へぇ〜っを連発でした (笑)

話の最後には、この活動をもっと広く日本を超えて
世界へも伝えていけるようになることが、
夢なんです
と語ってくれました。

初日の平田さんもそうでしたが、
ご年配の方でもまだまだ夢をお持ちなことに、
お元気だなーっと感服でした。

いや、夢からあるから元気なのかも知れませんね。

僕ら世代も頑張って、
そんな夢を持つおじいちゃん世代の皆さんを
微力ながら応援できたらいいなっと思った2日目の撮影でした。

明日は今回の制作としては、最終日になる3日目。
どんな方に出会えてお話しが聞けるか楽しみです。

今回もご拝読ありがとうございました!!

次回は2/28(木)に更新予定です。

それでは、
「いま、この瞬間を大切に」
目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!

2019.2.25 山口聖巴

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!