お仕事で気がついた3つのこと〜その③〜

Photo & Movie Blog Vol.59

【トップ写真】
博多屋さん表参道入り口

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

お待たせしました、
いや、もう待ってないかも知れません、、ね。(笑)

次の映像制作が始まり、加えて写真業務などの
日々の忙殺からようやく記事を書く気力が戻ったので、

いよいよ、お仕事で気がついたことの連載3本目。
制作を終えて見えた今後の課題について書きます。

ん〜〜と、これはですね〜、
僕の未熟なところなので書いていいのやらですが、

後学として記事にしておこうかな。

映像を観て頂いた方が気がついたかどうかは
わかりませんが、

実は、今回の作品のシナリオには
タイムスリップの要素を組み込んでいまして、、

(何回か観てもらえると何となく気がついたはずw)

冒頭で着物の外国人女性が出てきて、
岩に落ちたもみじを拾うと、

シュンっと現代の博多屋店内に移動する。
そしてラストに再び同じ場所からもと居た過去に戻る。

ここがタイムスリップシーンです(笑)

なぜ、このシナリオにしたかというと、
博多屋さんは創業140年の老舗。

創業時は杓子問屋を営み、現代ではもみじ饅頭製造へ。

その歴史を文章などのストレートな表現で伝えるのでは
単純すぎるし、世界へ発信された時にセリフがあったら

字幕が必要なるので、多言語化するよりは、
極力映像のみ、視覚的な情報で構成しようと考えたからです。

そこで140年前というと、世は明治維新後の大正時代。
西洋文明がどっと日本に入ってきた頃ですね。

その時代と現代の世界をひとりの女性が、

タイムスリップをして宮島の歴史や風景に触れながら、
そして、戸惑いながらも博多屋にたどり着き、

現代を楽しみ過去へ戻る。

このようなストーリーの中で博多屋さんのPRをして
行きたいと企画をご提案しました。

先方のオッケーも出まして、さぁ制作進行です。
もうそこからが、

「大正時代の着物ってどんなやねん?」

「この時代の女性のヘアスタイルは?メイクは?」

「杓子製造も当時は手作業?」

「作業着も法被だった!!」

などなど、大正時代の世界観を表現するのに大騒ぎ(笑)

杓子工場
【写真】現存の杓子工場の親方に手彫りで演出してもらいました。

これ大正時代ならまだギリギリ写真などの資料もあるから
過去に遡れるけれど、江戸時代はやばいっすね。。

もう想像でしかないやん (笑)
あっ、絵はあるか。。

いや〜、映画製作者の方々の苦労と努力と想像力を
今回は片鱗だけですが、改めて理解することが出来ましたね。

僕なりに世界観を出すためのことは、やりきったつもりでした。

が、しかし〜〜、、、、
出来上がってみるとイマイチその世界観が足りない。。

な、、、なぜだ。。。。

答えとしては、女性ひとりで衣装やヘアスタイルなどのみで
世界観を出そうしたことが50点でした〜。。

例えば、
冒頭の着物シーンに、もし女性と大正時代の格好をした
エキストラの方々が数名で道を行き交ってくれていたら

その世界観はぐっと深まり伝わったと思います。

未熟だったのでここまでの思考に行きつかなかった。。(泣)

着物
【写真】このシーンにエキストラが歩いていると大正時代になったはず。。

以前、ご縁を頂き津田豊滋監督の現場の撮影助手の
お手伝いに行かせてもらった時にエキストラの数や動き方を

めちゃめちゃ熱く演出指導していたことが
自分でやってみることで改めて理解が深まりました。

エキストラって大事っすね(笑)

また着物が綺麗すぎるなどのご意見も頂きました。
その時代であればもう少し汚れていても良いはずだと。。

もちろん上記だけのことではないのですが、
今回は、昔の時代の表現を取り入れた作品を制作するにあたり、

世界観を表現すること、観てくれる方が入り込むために
必要だったことをたくさん学べること出来ましたよ。

時間にして、約3分半と短い作品ですが、
完成するまでにたくさんのドラマがありました。

楽しいことばかりではなく、苦しいこともありますが、
作品を作らせてもらっていくごとに、

それらは全て僕らの足跡として残って行くことが
嬉しいです。

そして、自分の作品を創ることの楽しさを
改めて感じ始めています。

今は前回の記事で少し触れた北アイルランドへの
平和プロジェクトを促進するための映像制作をしています。

撮影は一応すべて終わって、今は編集段階に、
こちらもまた後日公開したいと思っています。

最後まで読んでもらってありがとうございます。
次回も読んでもらえると嬉しいです。

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!!

2020.3.10 (水) 山口聖巴

今回の映像作品はこちらから↓
〜宮島の、かたち。〜

博多屋さんのウェブはこちら↓
謹製もみじ饅頭 博多屋

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

現場は楽しくが一番!!!

Photo & Movie Blog Vol.17

【トップ写真】
建築撮影のイメージ写真

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

先月になりますが、新しい建築会社様の
新築写真のご依頼をもらった現場でのお話。

ご縁のきっかけは以前のブログでも書いた
異業種な交流会です^。^

その時のブログはこちら↓
Photo&Movie Blog Vol.7

交流会でワイワイとお話しさせてもらう人は
僕がカメラマンということは自己紹介で知っていても
何を撮っているのかは知らない人が多いようで (笑)

「聖巴くんって何撮るの?」っという話の流れから

「僕はオールジャンル撮りますよ〜」

と撮影ジャンルに建築写真も撮っていること話すと
後日、建築写真の案件を紹介して頂けました(笑)

なんてツイているのでしょうか(^。^)

設計士として、その案件に携わっていた方からは、
「勝手にポートレイトだと思ってたよ〜」っと(笑)

ポートレイトも撮りますが、色々行けますよっという
話しから撮影成立!!

いや〜、相手にしっかり自分が何をやっているか
伝えることって大事だな〜
っと思いました。

その後は、設計図など諸々見せてもらったり
建築工事業会社(今回のクライアントさん)の方と
繋いでもらったりしながら撮影当日に。

当日はあいにくの雨でしたが、
建築撮影の場合は快晴よりもむしろ曇りくらいが
室内の外光の差し込み具合がちょうど良かったり
します。

外観は間違いなく晴れがいいです

なので、雨でもオッケーです。
暗くはなるのですが、そこは照明でカバー。

子供部屋
【写真】子供部屋
撮影時には照明がまだないため室内に1灯、クロゼットに1灯セッティング

iDS Studioでは、クライアントさんや関係者さんが
現場で立ち会う場合はタブレットに撮影データを転送して
その場でプレビュー確認をしながら撮影を進めていきます。

これは、全てのジャンルで同じくです!!

そうすることよって細かい微調整を現場でできるし、
写真になったイメージを皆さんで共有できるので、
可能な限り導入しています。

何よりも僕が大切にしたいのは、
共有することで現場が楽しくなること。

この日もタブレットモニターを見ながら

「あの植物の配置を少し変えてないとこのアングルだと
 見えないよね?」

「やっぱりこの家具はここだよね〜!!」

「このカットは人物が入るとよくない?」

などなど、皆さんの意見が介入してくることによって
写真仕上がりの質も上がると思っています。

リビング1
【写真】リビング
家具やアイテムなどはレンタルしてセッティング。
セレクトのセンスが素晴らしかった。

リビング2
【写真】リビング
お家の顔の一つになるので様々なアングルで撮ります。
今回はテーブル仕様も変えれるので、そこも2パターン別に。

トイレ
【写真】お手洗い
壁をクロスではなく、こだわりの施工をほどこしたようです^^

撮影中でも自分達が作ったものが、どんな風に撮れているか
気になるのは当たり前だと思います(^.^)

だけど、カメラマンの背後からカメラの小さいモニターを
こそーっと覗くわけにもいけないし。。(汗)

遠慮していると仕上がって来たデータを見て、
ここをもっとこうしておけばよかったなっと
思うこともあるとありますよね(T。T)

そんなところは今のテクノロジーで解決です!!!

便利なところはドンドン取り入れて、
何がお客様の喜びに繋がるのか、

そしてせっかくお仕事を一緒にさせてもらうのだから、
このカメラマンと仕事して楽しかったと。

言ってもらえるiDS Studio
これからもずっと目指したいと思います。

ご拝読ありがとうございました。
次回は3/7(木)に更新予定です。

それでは、
「いま、この瞬間を大切に」
目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!

2019.3.5 山口聖巴

クライアント : 有限会社 小倉建設
設計 : BUMA1級建築士事務所
家具&アイテム : Craft Journal

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!